地震保険は火災保険とセットで加入する必要があり、保険料はどの保険会社と契約しても同じになっています。

保険会社はきちんとお金を払ってくれます
保険会社はきちんとお金を払ってくれます

地震保険の特徴について

地震保険という保険があります。昨今の自然災害の増加から加入を検討している人が増えている保険です。名前の通り、地震による被害を保険金でカバーすることが目的のものですが、いくつか他の民間損害保険と違った点があるため注意が必要です。

まず、地震保険単独での契約はできないことになっています。必ず火災保険とセットで加入することが義務付けられています。さらに、この地震保険の保険料は、どの保険会社と契約しても同じ金額です。国の制度ではありませんが、国が保険金の支払いを一部担保している部分があり、公的な面があるということを理解しておくといいでしょう。

また、保険料は都道府県ごとに地震の発生可能性等を見ながら等級が設定されており、さらに、木造か鉄筋コンクリートかなどの構造によって保険料が決まっています。構造が弱く大きな地震の発生可能性が高い県内であれば保険料が高くなるというわけです。さらには、保険金は火災保険の保険金額の半分までしかつけることができないため、全壊した場合でも建て直すことは現実にはできません。この保険金の狙いは、生活再建資金と考えられているのです。その点をよく理解してこの保険に加入することが重要です。