私は今、妊娠中なので子供のために学資保険の加入について考えています。加入するメリットについて調べました。

保険会社はきちんとお金を払ってくれます
保険会社はきちんとお金を払ってくれます

学資保険に加入するメリットについて

私は今現在、妊娠しています。子供の将来に必要になる教育費の事をよく考えます。そのため、学資保険の必要性について調べてみました。まず1つ目は、貯蓄性があるという点です。学資保険の場合、還元率が105パーセントから110パーセント程度あります。そのため、満期を迎えた場合積み立てた金額の1割程度、得しているという事になるのです。この金額は、普通預金や定期預金をするよりも高いと言われています。そのため、学資保険を上手に活用するという事は、貯蓄性も高いと言える事が出来るのです。

2つ目は、万が一の場合に備える事が出来るという点です。連生保険というタイプの学資保険を選んで加入しておくと、親になにかあって保険料が支払えないという時に、それ以降の保険料の支払いを免除されるという仕組みがあるそうです。免除にはなるものの、満期を迎えた時には満額分のお金を受け取る事が出来るのだそうです。詳しくは、契約している保険の内容によって異なるとは思います。しかし、この仕組みが学資保険に加入する最大のメリットだと考えている人も多いようです。このようなメリットがあるという事が分かりました。やはり、学資保険には加入しておいた方がよいと考えるようになりました。